新型コロナウイルス感染症対策における
救急講習の実施要件と申込について

救急講習を再開するにあたり当分の間、下記の感染対策に
同意していただける方(団体)のみ受け付けをすることができます

  • 消防本部講堂で講習を実施する場合は受講者同士の間隔を1m以上確保するため受講者数を24名までとします。
  • 各事業所等で講習を実施する場合は受講者同士の間隔が1m以上確保できたうえでの受講者数を最大とします。
    (1mの間隔を保てない場合は講習を数回に分ける等、人数の調整をお願いすることがあります。)
  • 受講者全員に連絡先を記載した「新型コロナウイルス感染症 確認票」の提出をお願いします。
    (感染者が発生した場合の連絡や感染経路の把握及び感染拡大防止のためご協力をお願いします。)
  • マスクの着用。(個人等で準備をお願いします。)
  • 入場時に手指消毒薬で消毒を実施。(手指消毒薬の準備をお願いします。)
  • 当日に会場で検温し37.5℃以上の発熱及び感染症を疑う症状がないこと。
    (発熱及び感染症の疑いがあれば当日の受講を控えるようお願いする場合があります。)
  • 受講者同士の間隔が十分確保できること。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況等により中止・延期をお願いする場合があります。

    新型コロナウイルス感染症 確認票

講習中の感染防止対策

  • 会場入口で入場時に消毒を実施します。
  • 検温し37.5℃以上の発熱があれば当日の受講を控えるようお願いする場合があります。
  • 「新型コロナウイルス感染症 確認票」で新型コロナウイルス感染症を疑う症状があれば当日の受講を控えるようお願いする場合があります。
  • 受講者同士の間隔は1m以上確保します。
  • 定期的に会場の換気を実施します。
  • 人工呼吸については展示のみとし実技は行いません。
  • 訓練人形は使用毎に消毒を実施します。

申込方法

  • 上記の「実施要件」について同意・協力できるかご検討をお願いします。
  • 岩見沢消防署通信救急課救急係に日程調整の連絡をしてください。
  • 開催日が決定しましたら受講するコースの申請書を提出してください。
  • ご不明な点がありましたら岩見沢消防署通信救急課救急係へ連絡をお願いします。