1 給油取扱所の皆様へ

   令和元年7月18日、京都府伏見区において、多くの尊い命が失われる火災が発生いたしました。総務省消防庁は、本火災の
  詳細については調査中であるものの、給油取扱所で購入されたガソリンをまいて火をつけたとみられることから、給油取扱所に
  おけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについての要請がありましたので、下記の留意事項を確認し協力をお願
  いします。

  ・ガソリンを容器への詰め替え販売を行う場合は、消防法令に適合した容器を用いて行うこと。
  ・購入者に対し身分証の確認を行うとともに、使用目的の問いかけを行い、販売記録の作成を行うこと。
  ・不審者を発見した場合は、警察へ通報を行うこと。
  ・顧客自らが給油を行う給油取扱所においては、顧客用固定給油設備により顧客自らがガソリンを容器に詰め替えることは消防
  法により禁止されているので、顧客に自ら詰め替えさせず、給油取扱所の従業員が行うこと。
  ・販売記録を作成する際は、個人情報の管理に万全を期すること。

  ※事業者用リーフレットはこちらをクリックしてください。

 2 ガソリンを購入する皆様へ

   ガソリンは身近な燃料であると同時に消防法で指定された危険物でもあり、取り扱いを間違えば大きな災害が発生する可能性
  もあります。
   ガソリンスタンドにおいて、専用の容器に詰め替えにより購入する際、ガソリンスタンド側が下記の内容についての確認などを
  行う場合があります。ガソリンの安全な取り扱いを行うためですので、ご協力をお願いします。

  ・ガソリンスタンドにおいて、ガソリンを購入する際に従業員から身分証の確認や使用目的の問いかけが行われます。
  ・ガソリンスタンドは、販売記録を作成しています。

  ※購入者用リーフレットはこちらをクリックしてください。